2007年04月09日

プロポリス

プロポリスは、さまざまな樹木から集めてきた樹脂を、
ミツバチが唾液とともに噛み続け、ワックス状にしたものが
プロポリス製品の原料となる原塊と呼ばれる物質!

このようにしてつくりだしたプロポリスを、
ミツバチは巣の補修などに使います。

入り口や巣のなかの通り道にも使われていますが、
これは通路を狭くして外敵の進入を防いだり、
巣の内部を一定温度に保ったり、なめらかにするためです。

しかし一番の目的は、巣を無菌状態に保つことといわれています。
一つの巣箱内には多いときで5万匹以上のミツバチが
集団生活をしていて文字通りの過密世帯のため、
常に巣箱内の衛生状態を保つ必要があるためです!

巣の出入り口にプロポリスを塗りミツバチ一匹がやっと通過する事が
出来るせまくて、長いトンネルを作り、
常にこのトンネル内は新しいプロポリスで補給され、
帰巣するたびに自身の体をプロポリスに接触する事で外部から持ち帰った
有害菌の滅菌を行っています!

プロポリスの語源はギリシャ語からきています。
プロはプロップ(支柱)というラテン語
ポリスは都市の意味を持つギリシャ語で、
"蜂の都市を支える柱"という合成語になったようです。

この名前で呼ばれるようになったのは十七世紀以降ですが、
プロポリスはそれ以前からもミイラを意味するマミイという名前で知られていました。

古代ギリシャからその効用は知られていたようで
アリストテレスも『動物誌』の中で
皮膚疾患、切り傷、感染症に効果あり、と記述されています。

ローマのプリニウスも『博物誌』で
体内に入ったトゲの摘出や神経症、皮膚病に有効としています。

他の文献の記述によれば、腫瘍や炎症、毛髪の発育促進などにも
使われていたそうす。

樹脂からつくられるプロポリス原塊は、独特の粘着質を持っています。
色は黄緑色から暗褐色までいろいろで、味、香りとも異なります。

共通している主な成分は樹脂、バルサム、
そして採集過程中に混ざったと思われる蜜ロウ、エーテル油、花粉などです。
プロポリスの成分にはビタミン、ミネラルも豊富といわれていますが、
実験データでは微量とされていますが、フラボノイドや酵素類が多く含まれています。

このフラボノイドの効果としては、神経をリラックスさせる抗ストレス作用や
抗菌作用など多くの作用が注目されています。

老化の原因となるといわれているのが過酸化脂質。
フラボノイドにはこの過酸化脂質の増加を抑える作用もあります。

また、フラボノイドの一種であるケルセチンは、
ガンの温熱治療の効果を高めるともいわれています。

◎プロポリスの効果

皮膚疾患では、やけど、水虫、ウオノメ、アトピー性皮膚炎、
ウイルス性皮膚疾患など。
内科系では、胃炎、胃腸潰瘍、十二指腸炎、大腸炎、
膀胱炎、腎臓炎、前立腺障害、喘息、気管支炎、結核、肝炎。
動脈硬化や貧血にも効果があるそうです。
他にも、ものもらいなどの目の炎症、
歯痛や口内炎、歯槽膿漏にもよく、
二日酔いや育毛効果まで。。。
そしてガンが治ったとの多くの報告もあるそうです!


↓↓応援よろしくお願いします。
←クリック!


☆-------------------☆
  おすすめサプリメント
☆-------------------☆

抗酸化の天然素材をたっぷりと



プロポリス+ポーレン


ナマサプリのプロポリス+ポーレン』はここが違う!

☆ 天然素材で、花粉対策
-------------------------------
花粉(ポーレン)・ルイボスティー・
刺梨エキス・乳酵母・蜂蜜・オリゴ糖など
世界中で認められている
機能性素材をふんだんに使用し、
花粉の季節をサポート。

☆ 超臨界抽出プロポリスを配合
-------------------------------
活性成分が多量に抽出できる
超臨界抽出プロポリスを100mg配合、
アルコール抽出プロポリスとは比較にならないほど
優れた原料を使用しています。

☆ 笹熊エキス・ローヤルゼリーを配合
-------------------------------
殺菌・抗酸化力をもつクマ笹エキス、
健康食品の女王といわれるローヤルゼリーを配合。

☆栄養士からの一言☆
-------------------------------
○プロポリス…プロポリスはミツバチが特定の植物
(マツ・モミ・ポプラ・ヤナギ・カバなど)主として
樹木のつぼみや樹皮から採集し、
他の物質、主として蜂ろう及び唾液分泌物と
混ぜ合わされて作られたものです。

○ハチミツ…ハチミツはミツバチが採取してきた
花蜜を体内の酵素によってブドウ糖と果糖に分解し、
花粉とローヤルゼリーを混ぜ、さらに水分を蒸発させたものです。

○ローヤルゼリー…女王蜂の食べ物として神秘に満ちた栄養食品です。
働き蜂が花粉を食べて分泌するローヤルゼリーは、
女王蜂の体を働き蜂の3倍もの大きさに成長させます。

○花粉(ポーレン)…ミツバチがローヤルゼリーを
作る原料でもある花粉は、
古くからその栄養価と薬効が知られ、
不老長寿の食べ物として言い伝えられています。

○オリゴ糖…人間の腸内にはたくさんの細菌が住んでおり、
善玉菌と悪玉菌とがあります。
オリゴ糖は、善玉菌の代表である
ビフィズス菌のエサになり、増やしてくれます。

○ルイボスティー…南アフリカのセダルパーク山脈で
栽培されているお茶で、
約200万年前には不老長寿の飲み物とされていました。
ビタミンCや各種ミネラルを含んでいます。

○刺梨エキス…中国のバラ科の植物で、
その果実にはビタミンC・アミノ酸などが豊富に含まれています。

○乳酵母…約300万年前にフランスで開発された
微生物の菌の1つです。
ビタミン類・ミネラル類・アミノ酸・脂肪酸などを豊富に含んでいます。

○クマ笹エキス…古くから、殺菌作用・防腐作用が
あることで知られてあり、微量しかとれないため、大変高価です。


◎ポーレンとは?

ミツバチがローヤルゼリーを作る原料!
古くから栄養価が高い物質として知られています。



posted by Katsuya at 10:31| Comment(0) | TrackBack(1) | おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

青汁原料が牛乳よりカルシウム吸収が優れているなど研究成果を発表
Excerpt: 青汁原料としてのプチヴェールの新たな機能性について プチヴェールはケールと芽キャベツの交配によって作出された、青汁原料などに用いられる新規のアブラナ科植物です。糖度が高く、味の優位性の他に、葉野..
Weblog: 35歳女ビルオーナーのダイエット日記
Tracked: 2007-04-09 16:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。