2007年11月08日

黒にんにく

数千年の昔から、強壮食品や香辛料として利用されてきました。
日本に伝わったのは2000年前と言われ、
当時からその効用は知られていました。

今でも、体の調子が…
もう1頑張りしたい…
そんな時、ニンニクを食べて!
って方も、多いのではないでしょうか?

ニンニクの成分であるスコルジニンは
体力が増強し疲労回復も早くなることが分かっています!

◎成分と効用

・アリチアミン
アリシンとビタミンB1が結合してできる物質

・スコルジニン
最近大変注目をあびている成分で、
体力増強、抗ガン作用があると言われています。

・ゲルアニウム
疲労回復、抗ガン作用。含有量は朝鮮ニンジンの3倍…

・チルアリルトリスフィド
血液の凝固を防ぎ、脳卒中や心筋梗塞など血栓症の防止

ニンニクの臭いの成分であるアリシン…
ニンニクの持つ効能のほとんどが
このアリシンに由来しているといわれ、
アリシンをいかに取り入れるかが重要なポイントといわれています。

一般にアリシンにはスタミナの元というイメージがありますが、
これはビタミンB1を体内に長く保持することができる働きによります。

ビタミンB1は体内の糖質を燃焼させる際に必要なビタミン…
しかし水溶性ビタミンのため体外に排出されやすのですが、
アリシンとビタミンB1が結合するとアリチアミンという物質になり
体内に長く留まりビタミンB1がの効果が持続します!

また、ニンニクは血液に対して、
以下のような良好な働きをするといわれています。

・血液自体の粘度を下げ、血液をサラサラに…
・血管を拡張し、血液を体の隅々まで…
・赤血球の生成の促進…

↓↓応援よろしくお願いします。
←クリック!

1990年、米国国立ガン研究所がスタートさせた
『デザイナーフーズ・プログラム』

食品の有用性を確かめていこうというこのプロジェクトで、
ニンニクはトップクラスの評価だったそうです!

任意区は、古代エジプト時代から薬効を高くうたわれ、
現代では身近なハーブとして身近な存在。。。

そんなニンニクの中でも、最近注目を浴びている…『黒にんにく』!

今や全国ブランドといわれている青森県「福地ホワイト」種ニンニク…
このニンニクを海洋深層水に漬け込み丸ごとじっくり熟成させたものが
黒にんにく

力強い黒色ですが、その味はフルーティで甘酸っぱい味…

弘前大学医学部保健学科の教授だった佐々木先生により、
生にんにくに比べて次のような結果が…

●ポリフェノール・・・約5倍
●SOD活性・・・・・約4倍
●脂肪燃焼系アミノ酸・・・約20%増
●疲労回復系アミノ酸・・・約2倍

この他にも様々な驚くべき結果の差が・・・
この魅力のパワーを身体に負担のかからないカプセルにしたものが
…『熟成黒にんにく

熟成黒にんにく』…
詳しくは↓↓↓まで!
青森産!熟成黒にんにく



posted by Katsuya at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。