2008年01月29日

アンチエイジング用のトライアルキット

6種類の基礎化粧品をお試しいただける、
アンチエイジング用のトライアルキット!

期間限定☆超破格値!

今なら4500円552円!

スキンミッションEX ミニチュアセット


【商品詳細】

◎エイジングケアの「使命」を持った
天然由来成分化粧品シリーズ「スキンミッションEX」

◎すべて天然由来成分のみを使用。
合成の防腐剤、着色料、香料を一切使用していません!

◎5大美容成分をすべてナノ化。
美容働くプラセンタ、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン、
セラミドをすべてナノ化!
有効成分をお肌の奥に浸透させるためにナノ化…

◎注目成分:加水分解卵殻膜(卵の殻の内側にうすくついた
タンパク質の膜で、肌をぷるぷるにさせる新スキンケア成分です。)
白金、銀、AC-11、ヘキサペプチド、ユビキノン、ローズ水

◎老化・シワケアに働く4つのペプチド
お肌のコラーゲンを生成するヘキサペプチド-9、
真皮のコラーゲンにはたらくヘキサペプチド-3、
加齢によるトラブルにはたらくオリゴペプチド-6、
体内の流れをスムーズにするトリペプチド-3
など、エイジングにはたらく4つのペプチドを加えました。

◎ビタミンA・ビタミンEのパワーをもつレチノイン酸トコフェロールを配合
ヒアルロン酸とコラーゲンの生成にはたらく
レチノイン酸トコフェロールを採用!
原液やペプチドといっしょに、若々しいお肌にはたらきます。

◎コエンザイムQ10をナノ化
コエンザイムQ10もナノ化したものを採用。
お肌の奥への浸透がよくなりました。

↓↓応援よろしくお願いします。
←クリック!

スキンミッションEX ミニチュアセット





【セット内容】
スキンミッションEX-1/クレンジングウォッシュ…20mL
スキンミッションEX-2/ローションインエッセンス…20mL
スキンミッションEX-3/アロエジェル…20mL
スキンミッションEX-4/アロエクリーム…20g
ヘアミッションEXトリートメントパック…20mL
ヘアミッションEXシャンプー…20mL

期間限定☆超破格値!

今なら4500円552円!



posted by Katsuya at 10:13| Comment(0) | TrackBack(2) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

白髪対策用サプリメント

わたしも若い頃から白髪が多く、
白髪染めにたよっています・・・

髪は本来白髪と言われています!
この白髪であるはずの髪の毛が黒い色となっているのは…

毛根部分に存在するメラノサイトという色素細胞が、
白髪であるはずの毛髪にメラニン色素(黒色)を与え、
毛髪がその黒色を取り込んでいるからです。

このメラノサイトの数が減少したり、働きが悪くなったり、
急に活動を停止したりして、メラニン色素がなくなると。。。
髪本来の白色になり、白髪になってくるそうです!

では、なぜメラノサイトの働きが悪くなるのでしょう!

・加齢
毛髪は毛髄質、毛皮質、毛表皮の3つの透明な層からできています。
この透明な層を通して見えるメラニン色素が、髪の色を決めています。
このメラニン色素の生産に必要なチロシナーゼという酵素の働きが、
40歳前後から衰え始めるそうです・・・
このチロシナーゼの働きが鈍るため、作られるメラニン色素が減少し、
白髪になっていいます

・生活環境
頭皮も肌の一部!
顔の肌や体の肌と同じように、頭皮も気温や頭皮の環境、
食生活などの生活環境によって、健康状態が変わります!
頭皮の環境が悪いと、そこから生えてくる髪の質も悪くなり、
白髪も増えていきます!
ダイエットも白髪の原因に!

・ストレス
身体にストレスがかかると、毛細血管が収縮し、
毛母細胞の働きが弱まり白髪の原因に…

これ以外にも、遺伝や病気も白髪の原因となるそうです!

↓↓応援よろしくお願いします。
←クリック!

白髪対策用サプリメント


白髪染めもいいですが、白髪対策にサプリメントを試してみませんか?

白髪の対策サプリメント、いつまでも黒髪パックは、
美容内科「ハートリークリニック新宿」の服部医師が、
5年間のサプリメント外来で蓄積したデータを元に
パッケージングされたサプリメント!

このサプリメントを飲むことで、身体本来の力を取り戻し!
白髪を予防することが期待できます。

牡蠣やレバーに含まれる亜鉛
女性にぴったりのミネラルセレン
これらの成分が髪に必須の金属成分を効率的に補助!

また精進料理に欠かせないゴマの注目成分がつまった
黒ゴマセサミも。。。

○最近、白髪が増えたなぁと感じる方!
○美容院で毎回、白髪染めをしている方!
○いつまでも若々しくいたい方!

こんな方にオススメのサプリメント!
医者が選ぶ【白髪対策サプリメント】




posted by Katsuya at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

アンチエージングに効果 『リビングフード』

アンチエージングに効果があると言われている、
『リビングフード』・・・
このニュース気になりますね!


↓↓応援よろしくお願いします。
←クリック!


以下、iZaニュースより引用

抗加齢に効く?「48度以上温めない」食習慣

アンチエージング(抗加齢)効果が期待できると、
米国で話題の「リビングフード」。
日本リビングフード協会(東京都渋谷区)の
主宰者、いとうゆきさんによれば、
リビングフードとは
「食物酵素を含んだ新鮮な野菜や果物を
積極的に食べるベジタリアン料理」のこと。
酵素は46〜48度以上に加熱すると破壊されるため、
食材は48度以上に加熱しないことが鉄則だ。

■米国では定着

アンチエージングフードの先進国である米国では、
1977年に「がん、心臓病、脳卒中などの現代病は
食生活の間違いで起こる“食源病”である」
というリポート(通称マクガバンレポート)が政府から発表され、
食生活改善の政策が進められた。

リビングフードが米国で誕生したのは、
85年に出版されたエドワード・ハウエル医師の著書がきっかけ。
「健康と長寿には酵素が不可欠である」
という食物酵素理論に基づき、
今では米国の主要都市で
多くのリビングフードレストランを見かけるようになった。

肉や魚、卵など動物性タンパク質を含む
食材は使わないという制約があるものの、
料理人らのアイデアから木の実などを
すりつぶして作る“もどき料理”が誕生。
今では肉料理、パスタ料理、デザートまで、
バラエティー豊かなメニューが登場し、
米国では「おいしさを兼ね備えている」と人気を集めている。

いとうさんは2004年から米国と日本を行き来しながら、
料理教室などを通じて日本でのリビングフードの普及を進めている。
教室では20〜70代まで幅広い年代の生徒が学んでいるが、
「糖尿病の夫のために」
「将来、子供に迷惑をかけたくない」
といったアンチエージング効果を目的に
参加する中高年が少なくないという。

「米国では“食品乾燥機”で野菜チップスなどを
作ることが多いリビングフードですが、
実は日本の伝統食にはリビングフードがたくさんあります。
たとえば干し柿や干しシイタケ、切り干し大根、漬物などがそうです。
生のキュウリにみそをつけて食べるのも立派なリビングフードです」
と、いとうさんは指摘する。

■多彩な料理

6月29日に東京・秋葉原で開かれたイベント
「ヘルシー・エイジング フェスタ2007」でも
アンチエージング料理は注目の的。
主催は「“健康寿命”を伸ばしましょう」と呼びかける
NPO法人(特定非営利活動法人)「元気な120才を創る会」(東京都千代田区)。
食育、ファッション、スポーツなどさまざまな角度から
健康情報を発信しているが、
今回のイベントではアンチエージングをうたった料理が勢ぞろいした。

医学博士、白澤卓二さんが提案するアンチエージング料理は、
認知症、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)、
骨粗しょう症を予防・改善する効果が報告されている食材を使用。
青魚、大豆製品、海藻などを使った和、仏、中華のメニューで来場者を楽しませた。

会場には、炊飯時に発芽する特殊三分づき米や、
独自の焙煎方法とすり加工で手作りの風味に仕上げたすりごま、
食品添加物を一切使用しない無添加みそなど、
古くからの日本の食材が紹介された。

総務省の統計によれば、国内の65歳以上の人口は約2640万人。
総人口の2割を占め、本格的な高齢社会が到来した。
アンチエージング料理は、日本の伝統食と密接に関係する。
高齢社会が、従来の食生活への回帰現象を呼び起こす可能性は大きそうだ。
posted by Katsuya at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

リコピン

リコピンはカロテノイド(動植物に含まれる、赤や黄色、オレンジ色の色素)
の一種で、このカロテノイドにはリコピンのほかβ-カロテンなどがあります。

β-カロテンはにんじんやパセリ、ほうれん草などに多く含まれ、
体内でビタミンAに変化するため、早くから栄養学的に注目されていました。

近年、カロテノイド自体が強い抗酸化作用を持つことが知られ、
急激に注目度がアップしました。
そして、カロテノイドの中でも、とりわけリコピンは抗酸化作用が強く、
その作用はβ-カロテンの2倍以上、
ビタミンEの100倍以上にもなるとのことです!

抗酸化作用とは、活性酸素に自らの電子を渡し
活性酸素を普通の酸素に戻す能力のこと。。。

体内に取り入れた酸素のうちの2%が活性酸素になるといわれており、
大きく分けて以下の5種類が確認されています。

・スーパーオキシドイオン
・ヒドロキシルラジカル
・過酸化水素
・一重項酸素
・過酸化脂質

その5種類の活性酸素は様々な性質を持ち、
細胞膜を傷つけたり、DNAを傷つけ遺伝情報を壊したり、
コレステロールを悪玉コレステロールに変えたりするほか、
老化や白内障、緑内障、ガン、脳溢血など
病気発生の9割に関係するといわれています。

リコピンは、このような活性酸素の被害を食い止める、
抗酸化作用が、β-カロテンの2倍以上、
ビタミンEの100倍以上もあり、
お茶に含まれるカテキンや、ごまに含まれるセサミノールとあわせて、
アメリカでは3大人気抗酸化剤といわれています。

● 効果

・制ガン作用
・悪玉コレステロールを減らす
・動脈硬化や心臓病など生活習慣病を防止
・美白効果

● 推奨量

成人:15mgといわれています。

● 摂取方法

リコピンなどのカロチノイドは、油に溶けやすく、熱に対して安定しているので、
生よりも吸収効率の点で加熱したほうが効果的!

↓↓応援よろしくお願いします。
←クリック!


☆-------------------☆
  リコピンおすすめ商品!
☆-------------------☆




スーパーリコピン


「トマトが赤くなると医者が青くなる」。。。
ヨーロッパには、このような格言が残されています。
非常に栄養価の高い緑黄色野菜のなかでも、
真っ赤なトマトに注目が集まるのはなぜでしょう?

その秘密は、トマトの赤い色素、リコピンに。。。
リコピンは、カロチノイドの一種で、強力な抗酸化作用があります。
ガン、糖尿病、動脈硬化など様々な病気の引き金となる
活性酸素を消去するパワーは、
緑黄色野菜の仲間である人参中のベータカロチンの2倍、
またビタミンEの100倍と言われています。

特に最近の研究課題として、トマトに含有されるリコピンが、
私たちの身体に優しい天然の強力な抗がん剤としての役割を
発揮するということが注目されています。
リコピンを摂取することで、細胞を攻撃する活性酸素を退治してくれるため、
ガンの発生率を下げてくれると考えられています。

トマトの消費量が世界一であるイタリアでは、
大腸ガンや胃ガンにかかる割合が低いとの研究報告があります。
一方で、日本人のリコピン血中濃度は欧米諸国の人々と比較しても低く、
これらの消化系のガンに対するリスクは高いという事も報告されています。

ガンばかりではなく、シミやシワ、さらには痴呆症や白内障といった
老化現象を引き起こす活性酸素は、
排気ガス、ストレス、喫煙、紫外線などで増えます。。。
つまり、現代社会には身体が錆びる要因がいっぱい・・・

体を錆びさせる活性酸素から身を守るため、
ぜひ摂っていただきたいリコピンは野菜サラダのトマトから摂るよりも、
トマトジュースやトマトケチャップなどの加工品から
摂取する方が効率的と言われています。
しかし加工食品には、保存料などの化学合成剤や塩分が
多く入っている場合があります。

いつまでも若々しく元気はつらつとした生活を送りたいという方は、
ぜひNature’s Way社の『リコピン』・・お試し下さい。

太陽の光をいっぱいに浴びた特別なトマトから抽出した
リコピンを1粒中に5mgも含有しています。
野菜嫌いの方、偏食しがちな方にもオススメ!





伊藤園 熟トマト 190g缶


1ケース30本入り

価格:1740円(税込:1827円)
1本当たり 58円。。。メーカ希望価格より約50%OFF!

原料は、イタリア産トマトを100%使用!

真っ赤に完熟して自然の栄養素を豊富に
含んだものを収穫、搾汁しています。

種まで真っ赤なイタリアントマトは、
日本で生産される生食トマトの約 3倍の
リコピンやカロチンが含まれています。
posted by Katsuya at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

エイジロス

いつまでも若くいたい。。。 
いつまでも若々しさを失いたくない。。。

外面も内面も磨きをかけている女性にとって切実な願いではないでしょうか?
同級生なのにある人は老けて見られたり、
ある人は若々しく見られたりという事はありませんか?
その人達の差は一体何なのでしょうか?

また、見た目だけの問題ではありません。
仕事上など実生活においても若々しく元気に見られる方が、
老けて見られる人よりも多くの恩恵を受けているという事は
皆様も感じる事ではないでしょうか?




エイジロス(アルファリポ酸、グリソディン、NAC含有)


◎エイジロス

【エイジ(Age) = 年齢】 
【ロス (Loss)= 減少】

このような意味を含み、名付けられたエイジロス。
主に身体のサビの原因となる悪玉酸素に対抗する成分が多く含まれ、
私たちの身体を若々しく元気にサポートしてくれるうれしい味方です。 

☆エイジロスの特徴(1) 
。。。3大アンチ活性酸素成分で、若々しさをキープ

悪玉酸素に対し、強い対抗力を持つとされている
アルファリポ酸NAC(Nアセチルシステイン)
そしてフランスのIsocell社の特許成分グリソディンを豊富に含みます。
またその他にもMSM亜鉛、銅などを含み、
あらゆる面からあなたの若々しさアップをサポートしてくれます。

アルファリポ酸
  アルファリポ酸は、ずば抜けた悪玉酸素対抗作用をもつことで有名!
  また、水にも脂にも溶けやすい性質なので、
  全身くまなく行き渡ることができます。
  そのため全身の細胞を活性化することと、
  悪玉酸素から守る働きから、
  総合的に若々しさのキープに貢献します。

NAC(N-アセチルシステイン)
  NAC(Nアセチルシステイン)は、最も強い悪玉酸素対抗作用を有するアミノ酸です。
  健康の回復に役立つだけではなく、セルフディフェンス力を強化し、
  有害金属や活性酸素から細胞を守り、
  細胞を元気にする働きがあるグルタチオンの主要成分です。

◇グリソディン(メロンSOD)
  活性酸素から身を守るために、すでに人体がそなえ持っている
  防御機能の一つが、SODという酵素です。
  SODは本来、人の身体の中に存在しているのですが、
  25歳を境に減少するといわれているので、
  サプリメントでしっかりと補いたい成分です。
  『グリソディン』は、果物のメロンから抽出された100%天然のものです。
  ジムスターゼという酵素を小麦タンパク質(グリアディン)と
  結びつけた特許成分です。
  腸までしっかり届き、腸内でもうまく吸収される加工がされています。

☆エイジロスの特徴(2) 
。。。バイレイヤード(2層構造)タブレットとは?

  各成分が私たちの身体の中でより効率よく、
  そして有用的に働く為には、溶け出す順番やスピードについても
  適切な物でなくてはなりません。
  バイレイヤードタブレットを採用することで、各成分にあったスピードで溶け、
  効果的に成分をリリース(放出)する事を可能にしました。

各成分にあった放出スピードでリリースする事により、
最適な効果が得やすい加工がされています。


↓↓応援よろしくお願いします。
←クリック!





エイジロス(アルファリポ酸、グリソディン、NAC含有)


老化と戦うための、若さと美貌に必要な成分を凝縮!

Point1 バイレイヤードタブレット採用で適切なスピードで適切な成分を放出!
Point2 米国特許成分グリソディン配合!
Point3 活性酸素と戦う成分がぎっしり!

もっと若々しくなりたい!
いつまでも若々しい自分でありたい!
という方にピッタリのサプリメントです。

エイジ ロス。。。年齢が逆戻りするかもしれません!
posted by Katsuya at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

ミトコンドリアを刺激してアンチエージング

☆細胞レベルの老化は20代から始まっている!

30代にさしかかると、白髪やシワなどの外見的な老化現象が現れてきます。
実は外見的な老化が目立ちはじめる以前から、
身体の内部では驚くほどの速さで老化は進んでいるといわれています。

次のチェック、いくつ当てはまりますか?

□ 30歳以上だ。
□ シワやシミ、肌荒れが気になりだした。
□ 物忘れが増えた。
□ 太りやすくなって、やせにくくなった。
□ 最近、疲れやすくなった。
□ 階段を昇ると、息切れしやすい。
□ 二日酔いしやすくなった。
□ ストレスを受けやすい。
□ 風邪をひきやすい、また治りにくい。

チェックの結果はどうでしたか?
当てはまる項目が多いほど、
見た目では分からない『身体の老化』が進む傾向が強いと言えます。

老化とは、私たちの身体を構成する約60兆個の細胞が少しずつ老朽化すること。

古くなった自動車を修理するには、古い部品を新しいものと交換すればいいですが、
細胞の場合は新しいものに変えるためには
ATPと呼ばれるエネルギーが必要になってきます。

細胞の中には身体を動かす原動力となるエネルギーを産出する工場が存在します。
それが、『ミトコンドリア』です。
白髪、シワ、シミ、物忘れなどの老化現象の原因は、
この『ミトコンドリア』の働きが鈍くなり、
細胞が正常に機能を果たせないことが原因といわれています。

☆若さのカギ=元気な『ミトコンドリア』=エネルギーに満ちた細胞


↓↓応援よろしくお願いします。
←クリック!


☆-----------------☆
  おすすめサプリメント
☆-----------------☆




マイティー・コンドリア


◎ミトコンドリアを刺激してエネルギー産出をアップ!

コエンザイムQ10(CoQ10)
 ミトコンドリアの中で、エネルギーの産出の最終段階をサポート。
 CoQ10無くして、新たなエネルギーは作り出せません!

アルファリポ酸
 エネルギーの材料は、食事からとった「糖」。
 「糖」を加工して、エネルギーに変えやすくする役目を。。。

・アセチル L-カルニチン
 もう一つのエネルギー源、「脂肪酸」をミトコンドリア内に運搬する役割
 【アセチル体】は、細胞膜を通過しやすい形状。
 アルギニンと合体した形で、より活性化したフォームに・・・

・クレアチン
 1度使われたたエネルギーを再利用して、新しいエネルギーを作り出す。

ビオチン
 タンパク質・脂質・炭水化物それぞれの代謝に深くかかわるビタミンH。
 健康的なお肌と髪の毛に、またアトピー性皮膚炎にも。

これらの5つの成分はそれぞれ単独で働くのではなく、連携プレーで働きます。
残念ながら、この成分は年齢とともに体内で作られる量が減少してしまうので、
サプリメントで積極的に摂取することが望まれます!

詳細・ご購入は↓↓↓をクリック!!




マイティー・コンドリア
posted by Katsuya at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

アンチエージングに効果のある栄養素

5回にわたって、アンチエージングに効果のあると言われる
栄養素の紹介をしました。

紹介した以外に、以下のスーパー栄養素といわれるものや、
スマート栄養素といったアンチエージングに効果のある
栄養素があるそうです。


● スーパー栄養素

これは身体機能をより向上させ、老化を防止するのに役立つ栄養素です。
以下がその栄養素の一部です。

・ コエンザイムQ-10(coQ)
・ プロアントシアニジン
・ N-アセチルシステイン (NAC)
・ S-アデノシルメチオニン (SAMe)
・ メチル-スルホニル基-メタン (MSM)
・ アルファリポ酸とカルノシン


● スマート栄養素

この栄養素は人間の記憶能力、認識力を高めるものです。
栄養素の効力には個人差がありますそうなので、
自分に合った摂取方法や栄養素を見つけ出すことが必要です。

・ビンポセチン
・フパージン-A
・ホスファチジルキセリン
・ピログルタマテ (PCA)
・アセチル-L-カルニチン (ALC)
・DMAE
・ギンコ(イチョウ)ビロバ

こういった、栄養素を取り入れ、規則正しい生活を送り、
睡眠をしっかりとって、適度な運動を心がけることによって、
健康的で楽しく生活をすごしていきたいですね!!




posted by Katsuya at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

N-アセチルシステイン

アンチエージングに効くと言われる栄養素 5回目です。。。

N-アセチルシステインは抗酸化作用のあるアミノ酸の一種で、
システインよりもさらにアンチエージング効果があるといわれています。

肝臓で合成される抗酸化物質の中で重要な物質のグルタチオンとよばれる物質で、
このグルタチオンは身体の重要な抗酸化酵素である、
グルタチオン・ペルオキシターゼとよばれる構成要素です。

この酵素は、身体の毒素と代謝作用で出た老廃物を除去するのを助けますが、
このグルタチオン合成を行うためになくてはならないのが、N-アセチルシステインです。
この抗酸化力によって、細胞を活性酸素から守り、赤血球を強く維持します。

N-アセチルシステインは免疫システムを刺激し、様々に異なる活性酸素、
たばこ、排気ガス、殺虫剤、除草剤、炭火調理やスモークされた肉に見られる発ガン物質、
そのたいろいろな毒物から身体を保護する働きがあること言われています。

また、コカインなどの麻薬中毒の常習性も抑えることができるという報告もあるそうです。

● 効果

・ 紫外線から肌を守り、強い細胞をつくります
・ たばこ、大気汚染により汚れた体内の掃除に強力に働きます
・ お酒により、弱った肝機能の働きを高めます
・ 体内酵素を守り、活性酸素などによる細胞ダメージを強力に防ぎます
・ 感染などによる病気になりにくくします

肺や肝臓の守り神、フリーラジカルと戦うNAC!



posted by Katsuya at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

プロアントシアニジン

今回もアンチエージングに効果があると言われる、
プロアントシアニジン(OPC)について取り上げたいと思います。

プロアントシアニジンは、活性酸素を根絶する最も自然で効果的な物質と言われています。

代表的な4つの活性酸素全てに効果があるそうです。
これにより重要な細胞組織を酸化による破損から守ることができます。

● 4つの活性酸素

@ スーパーオキシド
体内で最も発生しやすい活性酸素ですが、
この活性酸素は、これを分解することのできる酵素とビタミン類が存在する。

A 過酸化水素
ラジカルではありませんが、わずかなきっかけでヒドロキシラジカルに変化し、
活性酸素の仲間入りをしています。

B ヒドロキシラジカル
これが活性酸素の中でもっとも強力です。この強力な酸化力で細胞を傷つけます。
また細胞内の核にまで入り込み、DNAを狂わせ、がんの発生原因と言われる活性酸素です。

C 一重項酸素
一重項酸素は二重結合をもった化合物と反応します。二重結合といえば不飽和脂肪酸ですが、
不飽和脂肪酸を過酸化脂質に変化させます。

プロアントシアニジンはビタミンEの50倍、ビタミンCの20倍の(抗酸化物質としての)
効果があるという結果が出ているそうです。
他にもコエンザイムQ10などがミトコンドリア内で発生させる活性酸素を消去するなどの働きもあります。

● 効果

・抗酸化作用
・抗がん作用
・血管の弾力性を回復させ、毛細血管の浸透性を高める
・コラーゲンの強化
・良性の脂肪酸の生成を促進
・炎症を起こした細胞組織の修復の援助
・視力と網膜に対する栄養学的サポート
・月経前症候群に関連した症状に対する栄養学的援助
・関節炎の症状の緩和
・静脈癒の症状の改善
・花粉症と喘息に対する栄養学的サポート

● 多く含まれる食品

ブドウの種、松の樹皮、ピーナッツの皮、イチョウ、ニセアカシアの果実
など、現代では捨てられてしまうものに多く含まれる
また、ごく普通に調理するだけで失われてしまうと言われています。


ブドウ種子の皮から取れる強力な抗酸化物質


posted by Katsuya at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸とは細胞と細胞の間を埋めるムコ多糖の1種です。
粘り気があり、水分をため込む性質を持っています。

人間のカラダの細胞の1つ1つの周りには
細胞外マトリックスという物質が存在しています。
その中でも主要とされている成分が
自身の重量のなんと6000倍の保水能力をもつヒアルロン酸です。

大まかな量でいくとヒアルロン酸小さじ一杯約5gで、30リットル
つまり、1.5リットルのペットボトル20本もの水を蓄えることができるそうです。

60兆〜100兆個あると言われる人間の細胞は、
このヒアルロン酸をはじめとするムコ多糖に満たされ守られています。
生きていくうえで必要不可欠なものですね。。。

赤ちゃんの肌があんなにみずみずしく張りのは、
赤ちゃんの体の約90%は水だそうです。
赤ちゃんの肌にはヒアルロン酸が多く存在し、潤いを保っています。
だから、あんなにもプルプルなんですね。。。。

でも、人間の体内のヒアルロン酸合成能力は、
コエンザイムQ-10やアルファリポ酸と同じく、
年齢を重ねると共にどんどん減少し、肌の保水力を低下させます。

しかもヒアルロン酸の減っていくスピードは驚くほど早く、
コラーゲンが体内で半減するまでの期間が約半年に対し、
1〜2週間で半減するそうです。
言い換えれば減少の早いヒアルロン酸は
常に不足しがちな物質とも言えます。

シワやタルミ、肌荒れなどの老化現象は
肌の保水力の低下が原因の一つと考えられいて、
近年の研究ではヒアルロン酸を毎日摂ることで、
コラーゲンを変質しにくくさせ、弾力性のある肌の維持や
シミ・シワの予防なるそうです。

私たちの皮膚の下には、弾力性のあるコラーゲンが繊維状に存在します。
コラーゲンは皮膚を固定し、皮膚が崩れたり、
歪んだりしないように強度を与えています。

その繊維状のコラーゲンの間を埋めているのが、
水分をたっぷりと含んだヒアルロン酸です。
ヒアルロン酸が減少し始めるとコラーゲンも変質し、
皮膚がたるんでしまいます。
つまり肌の水分が少なくなることで弾力性を失い、
しなやかさも無くなってしまうのです。
ヒアルロン酸の合成力は加齢とともに低下しますが、
ヒアルロン酸を体に補給することで肌は
みずみずしさとしなやかさを保つ事が出来ます。

ヒアルロン酸は、各組織に存在し、
保水性により細胞間にたっぷり水分を蓄える働きやや
弾力性によりクッションの働きをしたり、
粘性と滑らかさにより関節などの潤滑剤になったりしているわけです。

ですのでヒアルロン酸は関節の炎症などの治療などにも使用されています。

ヒアルロン酸の「粘性」「潤滑性」「保水性」などを生かして関節炎、
変形性関節症、慢性の関節リュウマチなどの整形外科領域で使用されています。

変形性膝関節症や関節リウマチでは関節液の主成分である
ヒアルロン酸が酵素の力で壊され、ヌルヌルしなくなってしまいます。
その場合、新しいヒアルロン酸を注射で関節内に入れると痛みが少なくなり、
歩きやすくなるそうです。

ヒアルロン酸は、ネバネバしたゼリー状の物質で、
自動車のオイルやグリースのような働きもしています。

競馬で走っている馬にもヒアルロン酸が投与されているそうです。

それは競馬では、足の関節等に体重がもろにかかるため、
十分な量のヒアルロン酸が潤滑およびクッションの役目として
関節液に保たれる必要があるからだそうです。


こんなヒアルロン酸 ちょっと試してみたいなぁ〜って方は↓をクリック!!
送料無料。。
春のキャンペーン実施中。。


posted by Katsuya at 13:18| Comment(0) | TrackBack(3) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

アンチエイジング

前回、前々回にコエンザイムQ-10、アルファリポ酸と
最近話題のアンチエイジングに効くと言われるものを取り上げました。。

エイジング(Aging)とは英語で『老化』『加齢』のことを意味します。
つまり『アンチ・エージング』は、
『老化・加齢に対抗する』。。ということです。

次回もこの『アンチエイジング』に効くといわれる
ヒアルロン酸について
取り上げたいと思います。



posted by Katsuya at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

アルファリポ酸

今回は、コエンザイムQ-10と共に、
最近話題のアルファリポ酸について書いてみたいと思います。

アルファリポ酸は別名チオクト酸とも呼ばれています。
1951年に補酵素として発見され、アルファリポ酸の効果効能が注目され、
多くの研究を経て強力な抗酸化作用があると判明しまたそうです。

アルファリポ酸は細胞レベルでのエネルギー生成や他の酵素が働くために欠かせない成分で、
非常に強力な酸化防止の役割をします。

特徴的なのはそれ自体に強い酸化防止の働きがあるだけでなく、
他のビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ-10、グルタチオンなど、
一度使われた抗酸化物を体の中で再びリサイクルさせる働きがあることです。

アルファリポ酸は食品から摂取することも可能で、人間の体内でも生成はされているのですが、
その量はごく微量しか生成する事しかできず、また年をとるに連れ生産量も減っていくため、
サプリメントで摂取することが望まれます。





通常の抗酸化物は水溶性か油性かのどちらかですが、アルファリポ酸は分子が小さいので、
細胞膜の内側や体内のあらゆる所に移動し、老化の原因となる酸化を食い止めます。
現代人の公害やストレスで起こる体内のダメージと戦ってくれる強力な抗酸化物です。

またアルファリポ酸の抗酸化物としての研究は特にヨーロッパで進んでおり、
肝臓や心臓をダメージから守ったり、体内の炎症が原因で起こるアレルギー、
関節炎、喘息などを緩和する働きが発表されています。


● 多く含まれる食品

ジャガイモ、ほうれん草、ブロッコリー、トマト、ニンジンなどの野菜やレバーなどの肉類


● 推奨量

100mg〜300mg


人間は体内のすべての細胞でブドウ糖をエネルギーに変えて生命活動を行っています。
そのエネルギーを作り出す工場がコエンザイムQ-10でも登場した『ミトコンドリア』です。

ブドウ糖は血液を通じて運ばれ、全身の各細胞に取り込まれます。
しかし、ブドウ糖は単体だけではミトコンドリアの中には入れず、
アルファリポ酸の助けによってミトコンドリアに入り込みます。

ミトコンドリアに届けられたブドウ糖はL-カルニチンの機能によってミトコンドリア内に取り込まれて、
コエンザイムQ10やビタミンB群などによりATP(アデノシン三酸)というエネルギーに変えられ、
運動エネルギーや体温の維持、脳の活動エネルギーなどとして使われます。

アルファリポ酸は健康・美容に優れた特性を持つ成分であり、
サプリメント先進国であるアメリカではアルファリポ酸は
すでにダイエット、美容、健康に、多くのサプリメントに配合されています。

アルファリポ酸は美しくありたい方、ダイエットをしている方、健康を心がけている方にオススメです。

アンチエイジング(老化防止)を考える上では、、少し前に、ピクノジェノールという抗酸化物質が登場して、
ビタミンCの20倍、ビタミンEの50倍もの抗酸化力を有しているということで注目を集めましたが、
『アルファリポ酸』は なんとビタミンC、ビタミンEの400倍もの抗酸化力があります。

● 効果

紫外線などの肌へのダメージを最小限に
年齢による肌へのダメージを緩和し、新しい皮膚の再生を促す
肌のうるおいを保つ
しみ・しわの形成を食い止める
体の血液の循環を活発にし、冷え性の改善効果
脂肪燃焼ダイエット効果
肝機能向上
posted by Katsuya at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

コエンザイムQ10

私たちの体は、およそ60兆個の細胞から成り立っています。
これら細胞が、日常生活を送る上で必要なエネルギーを作り出しているのです。
健康な毎日を過ごすためには、細胞の1つ1つが元気に働かなければいけません。

この細胞の働きを助けているのが、コエンザイムQ10です。
体のエネルギーは、各細胞内で酸素が食物から摂取した栄養素を燃焼させることで作り出されます。
コエンザイムQ10は、この栄養素を効率良く回転させるために必要な補酵素です。

補酵素とは、体内で酵素の役割を助ける働きをするもののことです。

酵素は、体内で物質を分解したり合成したりするときに働く重要な物質ですが、
コエンザイムQ10はその酵素の働きを円滑にするために必須の存在といわれています。

また、コエンザイムQ10は「ビタミン様作用因子」とも呼ばれています。
ビタミンの定義(微量の栄養素で生体内で生合成されない)には当てはまりませんが、
ビタミンと同じような働きをしているからです。

私たちの生命活動の基本となるエネルギー物質が、「ATP」(アデノシン三リン酸)です。
このATPを作るために、コエンザイムQ10は必須です。

例えば心臓では、コエンザイムQ10が不足するとATPが十分に作られないため、
心筋の働きが低下し、息切れや動悸などの症状が現れてきます。

エネルギーを作り出しているのは、全身の細胞一つ一つに存在するミトコンドリアという小器官です。
ここで栄養素が酸素によって燃焼され、エネルギーが作り出されます。
これらミトコンドリアによるエネルギー産出量は、生命体が必要とする全エネルギーの 95%にものぼり、
「生体のエネルギー工場」と呼ばれています。

1957年にミトコンドリアの中にこれがないとうまくエネルギーが生産できないというオレンジ色の物質が発見されました。
それがコエンザイムQ10です。

エネルギー代謝の盛んな細胞(骨格筋、心筋、肝臓、腎臓、脳などの細胞)ほど、
ミトコンドリアの数が多くなっています。
CoQ10はこのミトコンドリア内に多量に存在し、エネルギー産生の働き手として活躍しています。
   
魚や肉を冷蔵庫に入れずに放っておけば数時間で成分の脂質が酸化されにおいがつきます。
私たちの体も同様に酸化されやすい脂質をたくさん持っています。

脂質の酸化を防ぐ抗酸化物質で有名なのはビタミンEです。

しかし、生体脂質の酸化を効果的に防ぐにはビタミンEだけでは不十分で、
コエンザイムQ10が一緒にあることが重要であることが最近の研究で明らかになりました。
しかもコエンザイムQ10は、ミトコンドリアだけでなく、体のあらゆる場所に存在して抗酸化物質として働いています。

コエンザイムQ10は、体を錆びつかせないために必要な大切な物質ですので、自らの体の中で合成されます。
しかし、多くの臓器のコエンザイムQ10は20代をピークに減少していきます。
40代で30%、80代で50%以上ものコエンザイムQ10が失われると言われています。
   
コエンザイムQを必要としているのは人間だけでなく、植物や動物も同じです。
したがって、食物からもコエンザイムQ10を摂取することが可能ですが、一日に5-10mgしか摂取できていません。

コエンザイムQの不足防止や健康維持のために摂取する目安として、30〜60mgが推奨されています。
しかし、食物から1日30mgのCoQ10を摂るには、イワシ約6匹、牛肉約950g、ピーナッツ約1150gが必要です。
これを毎日の食事で摂取することは至難の業ですね。。。

しかし現在ではサプリメントで手軽に摂取できるようになりました。
最近、疲れやすくなった。。。
肌がくすんできた。。。
などの体調不良を感じたら、サプリメントを取り入れることを考えてみてはいかがでしょう?





また、コエンザイムQ10をとることにより、疲れにくくなるので、
長い時間トレーニングができるようになるので、
スポーツをやっている方にもおすすめです

コエンザイムQ10は水に溶けず、油に溶けやすい物質なので、
油分を含んだ食事を行った後に摂取することが望ましいそうです。

空腹時は十分に吸収されず効果が半減するそうです。


ダイエットコンサルタントが語る!裏技ダイエット法
posted by Katsuya at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。