2006年12月21日

デトックス・フットバス

『デトックス・フットバス』は体内に蓄積された毒素を
足裏から排泄する機械で、わずか15分〜30分、
透明のお湯に足を浸けると、足裏から身体の毒素が出てきます。
30分後には排出された毒素によって、水の色が変化します。

大量のマイナスイオンが発生する
フットバスに足をつけておくだけで、
足裏から「プラスイオン(体内毒素)」を吸着し、
体中の毒素や老廃物を強力に引っ張り出します。

これにより血液やリンパの流れがスムーズになり、
肝臓や腎臓の機能の改善効果も期待できます!

デトックスって?

従来の健康法は
『体に良いものを取り入れる』という栄養摂取が主でした。
しかし、摂取した栄養素は、体内にたまっている毒素に
栄養吸収を阻止され、細胞に届きにくいそうです。

そこで、 デトックス(解毒)
『体から毒素を排出し、摂取した栄養を効率よく吸収』

現代生活の中では、排気ガスやタバコ、ダイオキシンに汚染された土壌や
農薬の含まれた食品、食品添加物や魚類に含まれる水銀・・・等々

普通に生活しているだけで身体にさまざまな『毒素』が蓄積。。。

本来、健康で身体が正常な働きをしていれば、
これらの『毒素』は汗や尿などから自然に排出されますが、
現代人はストレスや不規則な生活、食事などによって、
この浄化システム機能が低下してしまっていると言われています。

このデトックス機能が低下すると、
身体の不調を感じ、肌荒れ、肥満、蓄積疲労。。。
さらには原因不明の体調不良など、さまざまな支障をもたらします。

↓↓応援よろしくお願いします。
←クリック!

近くに、この『デトックス・フットバス』
を行っている所があったので、行ってきました。。。

足をつけて、ものの10分・・・
0028.JPG

見事に透明のお湯が茶色(オレンジ?)に変色!

・・・ちなみに茶色は肝臓!
・・・オレンジは関節が悪いときの色だそうです!

30分間、足をつけていただけですが、
ものすごく足が軽くなり、歩くたびに響いていた膝の痛みも。。。

1回30分 2000円・・・・

↓↓自宅に欲しいけど、高い。。。。もうやだ〜(悲しい顔)



デトックス フットバス
ラベル:デトックス
posted by Katsuya at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | デトックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

ジェットスリム「スーパーデトックス・スリムコース」のご紹介

カラダの毒素を外に出す「デトックス」と、
カラダの内側からキレイになろうという思想を持った
「ジェットスリム」が出会った時、
その相乗効果でスリミング効果はグンとアップ!

インド伝承医学、アーユルヴェーダでは病気や
肥満を引き起すとされているアーマ(毒素)に注目、
毒素を一気に排出して体内から健康的にスリミング。

さらに、ゴットハンドのハンドマッサージテクニックで
ボディメイクも可能。
「ジェットスリム」の「スーパーデトックス・スリムコース」で
夏をめいっぱい楽しむ“憧れボディ”をGET!!

これがジェットスリムのデトックス効果!

◎むくみ解消!!

ボディラインをくずすだけではなく、
悪くなると痛みまでもともなう「むくみ」。
デトックス効果の発汗作用とリンパ促進作用で体内毒素を排出し、
スッキリ、しかもむくみにくい体質へと。
特に、レッグラインなどには効果満点です。

◎代謝活性!!

カラダに余分な毒素がたまると、それが原因で代謝率が下がり、
エネルギー消費に影響が。
スーパーデトックス・スリムコースは、代謝活性し、
本来カラダの持っている新陳代謝を取り戻し、
リバウンドしにくい体質へと導きます。

◎老廃物!!

体内にたまった不要な有害ミネラルや、余分な脂質、環境ホルモン、
未消化栄養素などが、一般的に言う老廃物。
これらは肥満はもちろん、疲れや倦怠感などの原因にもつながることも。
新コースは老廃物排出効果により、健康的なスリミングを実現します。

◎発汗!!

シェイプアップに大切なのが発汗による毒素排出効果。
カラダを芯から温め、毒素を汗としていっきに排出。
カラダに負担をかけることもなく、リラックスしながら大量の発汗は、
カラダもスッキリと軽くなります。

img3.gif

只今 キャンペーン中!! 今なら半額!!

「スーパーデトックス・スリムコース」 80分1回3,000円⇒⇒1,500円
キャンペーン期間:平成18年8月末日まで
キャンペーンはこちら→http://www.jetslim.com/rd.php?aid=1355

本格的な夏が到来ですね。
露出が多くなり、気になるボディー部分が。。。
ジェットスリムではカラダの毒素を外に出すデットクス効果により
エステ効果がアップ!!
気になるシェイプアップも健康的に!!
夏に向けて憧れの体系へと近づきましょう!!
posted by Katsuya at 19:23| Comment(1) | TrackBack(0) | デトックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

体巡り

東洋医学の漢方に基づいた考え方で、体の構成成分として考えられる
“気・ 血・水の巡り”を良くして、体の中の毒素を排出し、
自然治癒力を高め、身体の美容や健康を回復させることを『体巡り』
と言うそうです。

特に現代女性は、ダイエット、食生活の乱れ、運動不足などで、
新陳代謝を低下させているために効果的と考えられます。

‘体の巡り’を良くすると、“デトックス”効果が期待できます。

そういった考えの下、薬日本堂社のノウハウでセレクトされた
8種類の東洋素材。。
どくだみ・熊笹・杜仲茶・はすの葉・クコ葉・みかんの皮・高麗人参・霊芝
と4種類の茶葉。。烏龍茶・緑茶・黄茶・プーアル茶
をバランスよく配合した、

『からだ巡茶』
img2.gif

がコカコーラから発売されるそうです。

最近、広末涼子が宣伝していますよね!

posted by Katsuya at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | デトックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

クロロフィル(葉緑素)

クロロフィルとは、緑色植物の細胞の中にある太陽の光エネルギーを利用し、
炭酸ガスと水から酸素と炭水化物を合成する色素です。

クロロフィルは、別名葉緑素とも言い、消臭・殺菌効果のほかに、
ビタミンCとの相乗効果で美白・美顔などの化粧品・口臭予防液に入れられています。

銅と結びついた銅クロロフィルは顔料として色落ちが少なく、
鉱物顔料より肌にやさしいので、主にメイク用に使われています。

クロロフィルの原料は、淡水系藻類のスピルリナやよもぎ、
わかめのような海藻類から分離抽出されます。

クロロフィルは油溶性でもあり、角質の皮脂層で溶け、
優れた抗菌性と殺菌力によって、ニキビの原因となるアクネ菌の繁殖を防ぎ、
肌の炎症を抑える働きもあります。

また、クロロフィルの効能で良く知られているのは健胃健腸作用ですが、
その他にも脱臭作用や殺菌効果、.
さらには身体の免疫を強くするインターフェロンを増やす作用があり、
皮膚疾患、火傷の回復促進作用など多くの働きをします。

クロロフィルは不消化物ですが体の中を通過する際、
コレステロールや有害な物質を体外に排出する、小腸デトックスの働きがあります。
中でも問題になっているダイオキシンを体外へ排出する効果が高いことが報告されています。

小腸で有害物質がたまると、栄養素の吸収が落ちてしまいます。
ダイエットに効くあの成分も、美肌に効くあの成分も、
このせいでせっかく摂っても無駄になります。

小腸デトックスにはクロロフィルが効果的です。

ただし、取りすぎは必要な栄養素まで排泄してしまうので気をつける必要があります。

クロロフィルは固い細胞壁に守られており、口で咀嚼したくらいでは壊れません。
野菜などから摂取する場合は、できるだけ小さく切り細胞壁を壊すように料理したほうが効果的です。
またミキサー等を使うとより効果的です。

また、加熱すると細胞壁が壊れやすくなりクロロフィルを出してやることができます。
クロロフィルは熱を加えても溶け出すこともありません。

● クロロフィルの効果

健胃・健腸作用
コレステロール抑制
殺菌作用
免疫力強化
脱臭作用
 

● 多く含まれる食品

隈笹(熊笹)
パセリ
緑茶
クレソン 
ほうれんそう
ケール 
ミツバ
春菊
モロヘイヤ






     ↑↑↑ダイエットにも、口臭・体臭が気になる方も!
posted by Katsuya at 09:45| Comment(3) | TrackBack(0) | デトックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

アロエ

アロエは数千年以上前から民間薬草として用いられてきた、
ユリ科に属する多年生植物で、南アフリカが原産地です。
アロエには約300の種類があると言われていますが、
観賞用のものがほとんどです。
日本で健康食品に利用されているのはキダチアロエとアロエベラの2種類です。

キダチアロエはケープアロエやアロエベラに比べて比較的苦味が少なく味がよく、
有効成分が多い上、寒さに強いため日本でも多く栽培されています。
医薬品として認められてないため、食品や化粧品の原料として使用されています。
まるごと全部使えるのが特長です。

アロエベラは寒さに弱く日本では主に沖縄で栽培されています。
食品や化粧品に使うときは「アロイン」という苦みの成分を除いて、
ゼリー状の葉肉部だけを使います。

アロエベラはアメリカやメキシコで多く栽培され、
葉の皮の部分は薬用としてのみ利用されて、
健康食品には内層部分しか利用されていません。
また、キダチアロエはアロエベラと比較して一部成分は少ないのですが、
他の主な成分は濃度が高く、便秘や他の病状にもその効果が高いと思われます

アロエの主な成分はアロイン、アロエエモジン、アロエウルシン、アロエチン、アロミチンなどで、
細菌を殺し、細菌の毒素を中和する働きなどがあります。

また、アロエには腸内の善玉菌を活躍しやすい状態にし、
腸の筋肉の収縮運動を活発にして体に入ってしまった
有害物質を排出するデトックス効果があるといわれます。
アロエの力で毒素や老廃物を排出(デトックス)すれば免疫力も高まり、
新陳代謝もよくなるので、ダイエット効果を高めることも期待できます。

アロエの1日の摂取目安は定められていません。
栄養補助食品として摂取する場合は、製品の表示を確かめてください。

生葉が入手できたときは次のように利用してみましょう。
分量はいずれも下記の量で、子供はその1/3量から半分量が目安です。
最初は少量で試し、様子を見てください。

● 生葉をそのまま

生葉15g程度をよく水洗いし、トゲを切り取って、そのまま噛み、出てくる汁を飲みます。
二日酔いや便秘、整腸に効果が期待できます。

● おろして

生葉を皮ごとおろし金でおろし、1日に2〜3回、大さじ1杯ずつ食べます。
レモンやはちみつを加えたり、汁をこして飲むと風邪やぜんそく・気管支炎に効果があります。

● 煎じて

生葉を5mmくらいの輪切りにして鍋に入れ、同量の水を加えて強火にかけます。
煮立ったら弱火にして半量になるまで煮詰め、自然に冷まして布でこします。
この煎じ汁を1日に2〜3回、大さじ1杯くらいずつ飲みます。
アロエの有効成分は、熱に強く、火を通しても効果は変わりません。
食欲不振や乗り物酔いに、また、肝機能の向上にも期待できるそうです。

● ハチミツ漬け

生葉4〜5枚分、レモンの皮1/2個分をみじん切りし、
ハチミツ1カップを保存瓶に入れて密閉し冷蔵庫に3〜4日おきます。
これを大さじ1杯くらいずつお湯で溶かして飲みます。
高血圧・低血圧などに効果があるそうです。

● 粉末にして

洗って刺を取った生葉を薄く切り、からからになるまで天日干しをします。
その後、すり鉢ですりつぶし、粉末にします。
1日の適量は、小さじ1〜2杯。
ジュースに混ぜるなど、市販の乾燥粉末と同様に利用できます。
煎じて飲む場合と同様に、食欲不振や乗り物酔いに、
また、肝機能の向上にも期待できるそうです。
飲みやすいほうを試してみると良いですね!

● ペースト状に

アロエのおろし汁に小麦粉を加えてペースト状にする。
足のむくみなどは、土踏まずへ張ると効果があります。
また、打ち身、捻挫、筋肉痛などの場合も、患部へ張りつけると効果があります。





      ↑↑↑
医者要らずとも言われています
posted by Katsuya at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | デトックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

ダンデライオン

ダンデライオンとは、タンポポ類の中でもっともポピュラーな西洋タンポポです。
15世紀の医師が、葉のぎざぎざした形からライオンの歯を連想して、その名がついたと言われています。
中国では「蒲公英(ほこうえい)」と言い、薬草として利用されます。

ダンデライオンはデトックスハーブとして知られています。
ダンデライオンに含まれるカリウムとナトリウムが 体内の水分バランスを調整し、
心臓のリズムを整えます。
また肝臓や消化器系の機能を改善する効果もあるそうです。

たんぽぽは多くの人が雑草と考えていますが、とても利用価値のあるハーブで、
根・葉ともに利用でき、栽培、繁殖も簡単です。

葉には苦味配糖体カロテノイド、テルペノイド、カリウム塩、鉄などの
ミネラル、ビタミンA、B、C、Dなどを含んでいます。

根にはタンニン、トリテルペン、ステロール、コリン、アスパラギン、
イヌリンなどを含んでいます。

● 効果

・葉

利尿効果があり、排尿によって失われがちなカリウムを豊富に含んでいます。
また、健胃などにも効果があります。

・根

強肝作用、胆汁分泌促進、穏やかな緩下作用などの働きがあるとされています。
根と茎から出る白い乳液は、いぼなどの外用薬として利用されています。

● 摂取方法

・葉を野菜などと一緒にジュースにする
・フレッシュ・サラダ
・根を炒って、自家製たんぽぽコーヒー
・ハーブとブレンドして、ハーブティー
・化粧水として使用すれば、美肌効果抜群


このようにダンデライオンは肝臓が強壮され、
利尿効果があり体液や組織がきれいになります。

身体に老廃物が溜まることで疲労しやすく、イライラしやすかった人、
身体の老廃物が原因で起こる関節痛や痛風、皮膚疾患、糖尿病、
アレルギー疾患などにもこのハーブは役立ちます。

穏やかな緩下作用もあるので便秘の方にも最適です。

↓↓応援よろしくお願いします。
←クリック!


☆-------------------☆
  おすすめサプリメント
☆-------------------☆



ECLECTIC INSTITUTE セイヨウタンポポ カプセル


セイヨウタンポポ(ダンデライオン)が、
手軽に摂れるカプセルタイプのサプリメント!
むくみが気になる方にオススメ!
posted by Katsuya at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | デトックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

アルギン酸

アルギン酸は、昆布やわかめなど海藻の細胞間物質に含まれる
天然多糖類で、水溶性(水に溶ける)の食物繊維の一種です
海藻特有のぬめりの成分。
また、海藻のしなやかさを保っているのもこの成分だといわれています。

アルギン酸は通常カリウムと結合していますが、
体内に入るとカリウムとは分離されます。
分離されたカリウムは吸収されて体内の塩分調整をします。
残ったアルギン酸は腸でナトリウムと結合。
アルギン酸と結合したナトリウムは体内へ吸収されにくくなり、
そのまま便の材料となって排出されます。

便から出される毒素は、実に全体の75%を占めるといわれます。
便を滞りなくスムーズに出すことでデトックスの効果があると
言われています。

アルギン酸を摂取することで、便秘が解消され、
カリウムとアルギン酸の両方が血圧を上げる原因となる、
ナトリウムの調整を行い、血圧を下げる効果もあります。

また体内に余分なナトリウムがあると水分を貯めやすくなり、
むくみの原因となります。
アルギン酸はむくみも解消します。

その他にも、血中コレステロールの低下、血糖値の上昇の抑制といった
働きが期待できます。

アルギン酸には、そこに含まれるカリウムの働きで体内の塩分を吸着して
血圧を下げるほか、血中コレステロールの低下作用、
血糖値の上昇抑制作用、ダイエット効果、便秘効果、
大腸がんの予防、動脈硬化の予防、胆石の予防などの作用があります。

● 多く含まれる食品

ワカメ、昆布、ひじきなどの海藻類

その量はワカメに多く、ワカメの乾燥重量の40%〜60%がアルギン酸です。
ワカメに続いて豊富なのは昆布で、乾燥重量の30%程度含まれています。

● 効果的な食べ方

1度に大量に摂取するよりも、こまめに分けて摂取する方が、
その効果を十分に引き出すことができます。
朝食で、ワカメの味噌汁、昼食で海藻サラダ、
夕食でワカメの酢の物といった形で、毎食、食べる方法が良いそうです

昆布は、だしとして使われることが多いようですが、
アルギン酸はだし汁には、ほとんど移行しません。
だしをとり終わった後の昆布も煮物などにして食べるようにすると
いいと言われています。




posted by Katsuya at 19:22| Comment(1) | TrackBack(0) | デトックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

アミノ酸(グルタチオン)

デトックスの働きを担う成分であるアミノ酸の一種でグルタチオンがあります。

グルタチオンは、三種類のアミノ酸であるシステイン、グルタミン酸、グリシンが結合した成分で、
人間を含む動植物や微生物の組織内に含まれている物質です。

グルタチオンは細胞の機能低下や変異をもたらす有害物質を体内で解毒し、
肝臓の機能を強化する作用が認められています。
また、グルタチオンには細胞の老化やガン化を招くと考えられている
過酸化脂質の生成を抑制したり
すでに生成された過酸化脂質から体を防御したりする働きもあるそうです。

すべての細胞に存在するグルタチオンは、とくに肝臓内に多量に存在しています。
肝臓にあるグルタチオンは、有害物質を無害化にして体外に排出する作用が知られています。
グルタミン酸は弱った肝臓を元気にして、デトックス作用を促進させることができます。

また、グルタチオンは、肝臓に次いで、目のレンズ(水晶体)にも多量に存在しています。
白内障の原因にもなる活性酸素除去を果たすグルタチオンは、
いつまでも物をクリアに見るためにこまめな補給が必要とだそうです。

グルタチオンにはアルコール性脂肪肝をはじめとする
慢性肝疾患、角膜損傷、皮膚障害、薬物中毒、妊娠中毒症、
放射線や抗がん剤による白血球減少などの予防、改善が見られます。
また、グルタチオンはストレスにも有効であるも言われています。

● グルタチオンの効果

ストレス
免疫力強化
ガン(癌)
アンチエイジング
肝機能
抗酸化作用 

● 多く含まれる食品

ブロッコリー
ほうれんそう
赤貝
たら
牛レバー
アスパラガス
アボガド
ビール酵母





アルファリポ酸と一緒に摂るとさらに効果的!
グルタチオンが体内で多量に消費されてしまったとき、
アルファリポ酸がグルタチオンを再活性させ、
細胞内のグルタチオン濃度を高めます。
posted by Katsuya at 17:28| Comment(1) | TrackBack(0) | デトックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

デトックスとは?

デトックスとは、英語で「解毒」という意味。

本来、人間の体には免疫機能と代謝機能が備わっており、
尿や便、汗などによって毒素をきちんと排出して
浄化できるようになっています。

ところが、現代人は環境汚染、水環境の悪化などの
生活環境や食品に含まれる添加物
ストレスなどの原因によって免疫機能や代謝機能が低下し、
毒素が排出されにくくなり、どんどんと蓄積されてしまいます。

そして、肌荒れやニキビ、吹き出もの、むくみや冷え性、
便秘に肩こりなどといった、症状が現れるてきます。

デトックスを行うことで、
体内に蓄積された有害重金属などの毒素を排出し、
健康を目指すのがデトックスの目的です。

デトックスで脂肪などに多く蓄積される有害毒素を体外へ排出し、
きれいな体を保つことで、ダイエットの効果アップ、
健康維持につながるのです。

これまで私たちは、体によいものを取り入れようと、
自然食品やビタミンなどのサプリメントの摂取ばかりに
目を向けてきました。

ところが、ビタミンやミネラルなどの栄養素は、
サプリメントを飲むなど体内に取り入れるだけでは
十分な効果を発揮しません。

体内に蓄積された毒素が栄養素の吸収を妨げ、
栄養素を細胞まで届かせてないことが、
最近の研究でわかってきたそうです。

効率よく栄養素を細胞まで届けるには、
まず体内に蓄積した毒素を排出(デトックス)することが先決になります。

● デトックスで有害とされる重金属

水銀;脂肪燃焼に必要な酵素をジャマする
鉛:頭痛、疲労、ストレス、不眠
カドミウム:肝臓や腎臓の働きを衰えさせる
ひ素:疲労、だるさ


● デトックスに効果的なもの

赤外線サウナ・ゲルマニウム温浴・岩盤浴などによる方法
エアロビクス・水泳といった有酸素運動による方法
断食や腸内洗浄による方法
サプリメントや食品の解毒作用を利用した方法

デトックスに効果的なサプリメントには以前に紹介した
アルファリポ酸の他に、

・アミノ酸
・アルギン酸
・ダンデライオン
・アロエ
・ケルセチン
・クロロフィル(葉緑素)

等々があげられます。次回からは、このデトックスに効果のある
栄養素について紹介していきたいと思います。





サプリメントを探すなら↑をクリック
posted by Katsuya at 19:44| Comment(0) | TrackBack(1) | デトックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。