2007年06月14日

漢方薬

現代人は食生活やストレスなどで、
体の調子が・・・って方多いですよね!

病院に行くまでもなく、かといって薬に頼るのは。。。
薬って、飲み合わせや体質によって副作用が怖かったりするので、
我慢されている方も多いですよね!

でも、漢方薬ならゆっくりジワジワと、
体の調子を整えてくれるイメージがあり、
副作用などの心配もあまりなさそうな感じしますよね!

最近、そんな漢方が注目を浴びているようです!

↓↓応援よろしくお願いします。
←クリック!

以下 iZaニュースより引用
===============================================
セルフ漢方薬 メタボ、冷え性…未病に効果

「むくみがあり、太りぎみの方に」。なぬ!? 
私のことでは…。ドラッグストアに並ぶ薬の
パッケージが直球で目に飛び込んできた。
これは漢方薬。
正式名称を「防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)」というそうだが、
それだけじゃ何にいいんだか素人にはサッパリ…。
ということで、対象者や効果をズバリ表記した
「分かりやすい漢方薬」が続々商品化されている。
従来、漢方薬といえば専門薬局で
じっくりカウンセリングを受けて購入、服用するものだったが、
ここ数年でドラッグストアを中心にセルフ販売が急拡大。
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)、
ストレス、不眠、高血圧…。
悩める現代人の手がパッケージに伸びる。(重松明子)

「メタボや冷え性、更年期障害など漢方が得意な分野は、
病院にいくほどではないが…という『未病』です。
しかし、そんな調子の悪さに対処する
漢方薬があることを知らない方はまだまだ多い。
そこで、対象者を表記したシリーズを発売したんです」
とは、カネボウ製薬(7月から「クラシエ製薬」に社名変更)
ヘルスケア事業部の林宏之課長。

昨年10月に「漢方セラピー」(全42種)を発売。
パッケージは、従来の漢方薬名の筆文字から大変身して、
「尿が出にくい方の排尿痛・残尿感に」
「高血圧による、耳鳴り、肩こりの方に」
「ストレスなどでイライラする不眠症の方に」
といった“具体的呼びかけ”がズラリ。

容量、価格とも従来品より控えめにして試しやすくなった。
3〜12日分入りで1000円台が主力。
取扱店も発売当初500店舗だったが、
今は10倍の5000店に広がり、
店頭に置く冊子
「漢方薬はじめてブック」
も増刷を重ねて30万部の“ベストセラー”に。

一方、ロート製薬が昨年11月に発売した
「和漢箋(せん)」シリーズ(7種)
もお菓子のようなパッケージに
「乾燥肌のかゆみに効く」
「憂うつや不安感を改善する」
「溜(た)まった脂肪を落とす」
と、効果を明快にうたっている。
1週間分が1418〜1995円。
売り上げは、発売から5カ月で
予定の2倍の12億円を達成する好調さで、
5月には新商品を追加した。

東京都目黒区のトモズエクスプレス洗足駅前店では
この4月から、分かりやすい漢方薬をレジ横でコーナー展開。
「これだけ商品が増えてきたので、売り場をきっちりつくりたい。
『胴周り85センチ』という言葉が不安をあおっていますが、
中年男性がメタボリック対策で買っていったり、
若い女性がサプリメント感覚で肌荒れに効く漢方薬を買っていったりします。
医薬品なので堂々と効能が書ける点が強みでしょうね」と近藤利明店長。

マーケティングリサーチ会社のインテージによると、
セルフの漢方薬市場は平成17年度309億円だったが、
18年度は394億円と1年間で3割近くも急成長しているという。

一方、都市部の百貨店を中心に
15店のカウンセリング薬局「漢方ブティック」
を展開する薬日本堂は
「昨年の売り上げは前年比127%でセルフ拡大の影響はない。
うちは1時間かけて、お客さまの体質を見極めたうえで
ご購入いただいていますが、
時間のない方にはドラッグストアという選択肢もあっていい。
すそ野が広がる点では歓迎。
使い分けるお客さんも増えてくるのでは」
と広報の西村逸美さん。

漢方薬は自然界にある植物や動物、
鉱物などの生薬を組み合わせたもの。
これがロハスや自然志向の時流に乗り、
同社が毎月開催するワンデーセミナーには、
毎回約700人が詰めかける。

漢方薬大手のツムラは
「医療用の漢方薬もここ4、5年、毎年7%ほど伸びている。
病院でも西洋医療と、漢方薬の併用で
効果をあげようという考えが広がった」
と指摘する。

だが自然派とはいえ薬は薬。
体質によっては薬が毒になるケースもある。
いくら気軽になったといっても、その点はお忘れなく。
posted by Katsuya at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。